Anywhere ご購入はこちら

鼻腔キット/唾液キット

Anywhere(エニウェア)

キット

Anywhere Nasal kit

迅速抗原検査の手順 鼻腔キット

1

検体希釈液が入っている容器を開けて付属のチューブに検体希釈液を入れます。

※注意
チューブは自立しないものであるため、希釈液を入れる際こぼさないようにご注意ください。

鼻腔キット 手順1

2

検体採取用の綿棒を鼻腔に少しいれ(奥まで入れる必要はありません)、2.5センチほどのところで、鼻腔周りをぐるっとぬぐって採取してください。

飛沫の可能性もあるため、必ずご自身で行ってください。

鼻腔キット 手順2

3

鼻からぬぐったものが付着した綿棒を検体希釈液の入ったチューブに入れ、綿棒を、その中で2回から3回回して、検体希釈液と混ぜ合わせます。

鼻腔キット 手順3

4

検体の入ったチューブに抽出用のキャップを取り付けて、検査キットに検体を約3滴から4滴落としてください。

鼻腔キット 手順4

5

15分から20分の間に次の6のような結果が出ます。

鼻腔キット 手順5

6

結果の見方

陽性の場合→
2本の線が現れます。
1本はCライン、もう一本はTラインに現れます。
陰性の場合→
Cラインに1本だけ現れます。
無効の場合→
C近辺に線が現れない場合は、検査は無効となり、採取量が足りないか、何かの原因が考えられるため、再検査を行ってください。
鼻腔キット 手順6

Anywhere Saliva kit

迅速抗原検査の手順 唾液キット

1

唾液採取前30分前までに歯磨きを終え、それ以降、喫煙、うがい、飲食は控えていただき、採取に臨んでください。両左右顎下をマッサージすることで唾液が出やすくなります。唾液はイラストの通り、唾液採取容器に採取します。

唾液キット 手順1

2

スポイトを垂直に持ち、唾液採取容器から唾液を取り出して、チューブに3滴注入してください。

※注意
実際はイラストのようにチューブは自立しないので、こぼさないようご注意ください。

唾液キット 手順2

3

検体希釈液の容器を開けて、チューブに検体希釈液をすべて入れます。

唾液キット 手順3

4

チューブに抽出用のキャップをとりつけて、検査キットに検体を2滴から3滴程落としてください。

唾液キット 手順4

5

検体を落としてから15分から20分間6のような結果が確認できます。

唾液キット 手順5

6

結果の見方

陽性の場合→
2本の線が現れます。1本はCライン、もう一本はTラインに現れます。
陰性の場合→
Cラインに1本だけ現れます。
無効の場合→
C近辺に線が現れない場合は、検査は無効となり、採取量が足りないか、何かの原因が考えられるため、再検査を行ってください。
唾液キット 手順6

ご注意事項

  • スワブを使用する鼻腔の検査において、的確な検査結果を出せるように2回以上しっかり擦過してください。
  • スワブを使用する鼻腔の検査において、奥まで入れすぎて粘膜を傷つけることのないよう、ご注意ください。
  • 唾液の検査の場合、採取30分前に歯磨きをおえ、その後の飲食・喫煙・うがい等は避けてください。
  • 結果反応が出るカセットの検体滴下部および、判定部には手を触れないようにしてください。
  • 両キットともに、開封後は1時間以内に使用してください。
  • 袋を開封する際、手を切らないように注意してください。
  • お子様でも検査は可能ですが、検査時保護所の方は、目を離さず、キットパーツ等を口に入れることのないよう、ご注意ください。

保管条件・有効期間・廃棄方法

  • 有効期間について、検査キット裏面に記載があります。有効期間は2年となります。
  • キットの保管は未開封の場合は4度から30度の保管にてお願いいたします。
  • 適切な条件下で保管されていても有効期限が切れたものは使用しないでください。
  • 冷蔵庫保管した場合、室温に戻してからご使用ください。
  • 凍結はしないでください。
  • 使用後は、キットが入っていた袋に使用済みキットをまとめ、普通ごみにて お住いの自治体の分別に従って廃棄してください。

特記事項

  • 本製品は、研究用試薬の扱いとなっており新型コロナウイルスの診断確定に使用するものではございません。
輸入販売元
Anywhere株式会社
所在地
〒542-0076 大阪府大阪市中央区難波4-1-15
製造元
JOYSBIO Biotechnology CO., LTD.
No.220 Dongting Road
TEDA 300457 Tianjin China